伊東市高齢者あんしん見守りネットワーク事業

更新日:2020年06月22日

   この事業は、認知症等で行方が分からなくなる可能性がある方等が、事前に登録し、警察署と情報共有することにより、地域全体で認知症の方を見守り、行方不明になった場合に、早期発見することを目的としています。

   QRコード付見守りシール及び、インターネットサービスを活用したシステムで、24時間365日身元確認のための情報伝達ができるサービスです。

 

行方不明→発見・保護→ご帰宅までの流れ

対象者

在宅で生活し、認知症等により行方不明となる可能性がある方で、

・伊東市に住民票がある65歳以上の人

・または、若年性認知症等の症状がある65歳未満の人

 

申請方法

申請時にご準備いただくもの

・見守り対象者及び申請者の印鑑

・発見時にスマートフォン等で確認できるメールアドレス(3名まで登録可能)

・顔と全身が分かる見守り対象者の写真(可能な場合)

上記3点をご準備いただき、「利用申請書」及び「同意書」に記入して、高齢者福祉課窓口にお越しください。

QRコード付見守りシールについて

この事業に登録された方で、QRコード付見守りシールを希望される方には、無料で40枚お渡しします。

・耐洗ラベル(衣類にアイロンで貼るタイプ)30枚

・蓄光ラベル(ナイロン製バッグ等にそのまま貼るタイプ)10枚

 

追加購入の場合は全額自己負担(郵送料含む)となります。 ご希望の際は、高齢者福祉課までご連絡ください。

貼付例全体画像

QRコード付見守りシールの貼付例

対象者の方が気にならないところで、目に付きやすいところに貼付してください。

申請内容の変更及び事業の中止について

・申請内容に変更があった場合(連絡先等)

・市外への転居、施設入所、死亡等により本事業の対象者に該当しなくなった場合

利用(変更・中止)届の提出をお願いします。

地域の皆さまへご協力のお願い

  一人でも多くの方に、「QRコード付見守りシール」のことを知ってもらうことが、地域での見守りや早期探索につながります。 認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けるために、ご家族やご友人など周りの方に、「QRコード付見守りシール」についてお話いただき、周知にご協力をお願い致します。

 

QRコード付見守りシールを貼っている人を見かけたら・・・

道に迷っていたり、何かに困っている可能性があります。ゆっくりと「どうされましたか?何かお手伝いできることはありませんか?」と声をかけてみてください。そして、可能でしたら、お手持ちの携帯電話やスマートフォンで「QRコード」を読み取ってみてください。

 

QRコードを読み取ると・・・

対象者の方について、事前に登録した内容が表示されます。

・ニックネーム(例:お父さん、おばあちゃん、たろうさん等)

・身体的特徴(例:身長150cm、白髪、帽子をかぶっている等)

・既往歴(例:認知症、糖尿病、アレルギー、感染症等)

・保護時に注意すべきこと(例:右耳が遠いので、左耳に話かけてください。はなこ(娘)の名

前を言うとおちつきます。等)

また、個人情報を開示することなく、保護者の方とメッセージのやりとりをすることができますので、「発見場所」や「健康状態」等を入力して、ご協力をお願いいたします。

 

QRコードを読み取る端末をお持ちでない場合・・・

QRコードの下に記載されている識別番号「AA0000」を、高齢者福祉課までお電話でお知らせください。

 

お一人での対応が難しい場合は、周りの方に協力をお願いして下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

高齢者福祉課 長寿支援係

〒414-8555
静岡県伊東市大原2-1-1
電話番号:0557-32-1561・1562
高齢者福祉課へメールを送信する

高齢者福祉課のメールアドレス kourei@city.ito.shizuoka.jp