同報無線の放送内容を電話で聴けます

更新日:2019年11月01日

どのようなサービス?

同報無線で放送した内容を録音しておき、電話の自動応答機能を利用して再生するサービスです。

屋外スピーカーの放送が強風や豪雨によって聞き取れなかったとき等、指定の電話番号に電話をかけていただくことで放送内容をよりクリアな音質で確認することができます。

音声は最新の放送から新しい順に再生されます。そのまま流しておくことで過去の放送を聴くこともできますし、後述のプッシュボタンで進んだり戻ったりすることもできます。

 

利用規約・注意点

利用規約

本サービスを利用するに当たり、以下の利用規約に同意していただく必要があります。

第1条(利用規約)

1.この規約(以下「本規約」という。)は本市が提供する音声再生サービス(以下「本サービス」という。)の利用に関する条件を定めたもので、本サービスの利用者が本サービスを利用する際の一切の行為に適用されます。
2.本サービスの利用に際しては、本規約に同意の上ご利用ください。
3.本サービスは、合理的な範囲において本規約を変更することができます。その変更は本市ホームページ上で表示した時点より効力を持ちます。

第2条(運営方針)

1.本サービスは利用者が安心して利用するために、虚偽または不快な情報の送信、第三者の名誉・プライバシーの侵害その他の権利・利益を害する一切の行為が行われないよう、細心の注意を持って運用します。
2.本サービスにおいて個人情報を収集することはありませんが、随時受電件数や発信地域等の利用状況に係る統計をとることがあります。

第3条(禁止事項)

1.本サービス利用者は、以下に掲げることを行ってはならないものとします。
  1.サーバを含む音声再生機器等に対して不正アクセスを試みること、意図的に不正な指令を与えること及び高負荷をかけること。
  2.必要以上の電話機器を用いて回線を混雑させ、サービス提供を妨害すること。
  3.その他本サービスに障害を発生させようとすること。

第4条(費用)

1.利用に必要な電話機器(固定電話、携帯電話等)は、利用者自らの費用と責任において用意してください。
2.本サービスの利用料は無料ですが、電話をかける際の通話料は利用者の負担となります。

第5条(本規約の改定)

1.本規約は、法令等の要請や利用環境改善のため、適宜、見直し、改定を進めてまいります。
2.本規約の改定を行う場合は、本市ホームページ上に表示します。これに係る特段の通知等は行われません。
3.本規約が変更された場合、変更後の内容が直ちに適用されます。

第6条(免責事項)

1.提供された情報により利用者又は第三者が被った損害、回線やサーバ混雑等による情報遅延又は未着などにより生じた全ての結果、利用者の行為により第三者に対して損害を与えた場合について、一切責任を負いません。
2.本サービスに異常が生じた場合は、予告なくサービスを停止することがあります。これにより生じた利用者及び第三者の損害に対して、一切責任を負いません。

第7条(準拠法)

1.本規約の準拠法は日本法とします。
2.利用者との間で生じた紛争については、本サービス提供団体の住所地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

 

電話番号と操作方法

電話番号

 

0557-36-2180

 

※回線混雑時は自動応答せず、通話中になります。その場合は、少し時間をおいてからかけ直してください。

また、再生中は電話機のプッシュボタンで以下の操作が可能です。

プッシュボタンによる操作一覧
ボタン操作 機能
0# 1つ前の内容を聴く
1# 再生中の内容を最初から聴き直す
2# 次の内容を聴く
3# 最初に戻る