2017年5月

更新日:2019年07月01日

5月29日 初登庁

2017年5月29日階段に並び拍手をする市職員の皆さんと女性から花束を受取る市長の写真

 午前9時30分、市役所庁舎西側玄関に到着し、多くの市職員の皆さんなどから盛大の拍手の中、迎え入れられました。
 第19代伊東市長として就任し、市政の舵取りを任されたことに喜びを感じるとともに、責任の重さも痛感しております。お一人お一人の市民の皆さんのために、全力を尽くしていかなければならないと身が引き締まる思いでした。

5月29日 市長事務引継

2017年5月29日書類の束を運ぶ市職員の側で書類へサインをする市長の写真

 登庁後、初の仕事として、事務引継を行いました。施策事項や帳簿・書類目録、財産目録などの書類にサインをしました。処分未了事項や未着手事項、将来企画すべき事項に積極的に取り組んでいきたいと思います。

5月29日 初の政策会議

2017年5月29日席に座り政策会議をする市の幹部職員らと市長の写真

 市長就任後、初の政策会議に臨みました。政策会議は、市の幹部職員が出席する、今後の市の政策を決定づける重要な場です。
 公約に掲げた施策をしっかりと実施できるよう協議してまいります。

5月29日 市職員(係長職以上対象)への訓示

2017年5月29日日本の国旗を背に演台に立つ市長の写真

 市職員(係長職以上)へ訓示を行いました。
 「皆さんには、既成概念を打ち破っていってほしい。『これは市長に言っても駄目だろう…』ではなくて、ぜひ私に意見を伝えてほしい。言うまでもなく、私はプレイングマネージャー=一人の選手です。皆さんもぜひ、私のことを使ってください。」
 と私の熱い思いを伝えさせてもらいました。

5月29日 伊東市戦没殉難者合同慰霊祭

2017年5月29日マイクスタンドに立ちメモを読む市長の写真

 平成29年度伊東市戦没殉難者合同慰霊祭が、小室山公園慰霊塔前広場で開催されました。先の大戦で、尊い犠牲となられました御霊に謹んで哀悼の意を捧げました。
 命や平和の尊さを将来の世代に伝え、過去に学び、行動していくとともに、戦没者の無念と遺族の深い哀しみを胸に、平和で豊かな社会を築くことを心に誓いました。

5月29日 市長就任記者会見

2017年5月29日収録用カメラと記者らを前に会見する市長の写真

 市長就任後、初の記者会見に臨みました。
 公約に掲げさせていただいた施策に積極的に取り組むことはもちろん、リーダーシップを発揮し、地域の皆さんの意見をしっかりと吸い上げ「市民の声が届く市政」へと推進を図って行きたい旨を述べさせていただきました。

5月30日 清掃職員訓示、消防職員訓示、市民病院職員訓示

 庁外の各職場を回らさせていただき、職員の皆さんに訓示を述べました。
 「私にも静岡県議会議員として培った人脈がありますが、各職場の皆さんにも人脈があると思います。各々の人脈を生かし、市民の皆さんの意見を取り入れ、それを業務に生かしていってほしい。そして、それをぜひ私にも伝えて欲しいと思います。」

2017年5月30日直立の清掃職員らと市長の写真
2017年5月30日台に立ち訓示を述べる市長と手を後ろで組み整列する消防職員らの写真
2017年5月30日整列する病院の職員らへ訓示を述べる市長の写真

5月30日 業務執行状況説明

2017年5月30日会議室の席に着いている市職員らと市長の写真

 市役所の各部ごとに、現在の業務執行状況の説明を受けました。現在、本市が向き合っている課題や将来取り組むべき事項に真摯に向き合っていきたいと思います。

5月30日 東京電力労働組合第62回定時大会

 観光会館にて開かれた東京電力労働組合第62回定時大会に出席しました。平成28年度の一般経過報告等の後、平成29・30年度の活動方針等が示されました。
 社会の発展と国民の利益につながるエネルギー政策の実現に向けて、職員の皆さんが一丸となって、組織の総合力で取り組んでもらいたいと思います。

5月31日 市職員(若手職員対象)への訓示

2017年5月31日演台に立つ市長と整列している市職員らの写真

 通例では、市職員の訓示は係長職以上が対象とのことでですが、私の強い要望で、若手職員の皆さんにも訓示を述べる機会をいただきました。
 「皆さんは、本市の発展のために尽くしていただける存在、また未来を開いていく力の源でございます。ぜひ、力を合わせて頑張っていただきたいと思います。」

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課 秘書広報係

〒414-8555
静岡県伊東市大原2-1-1
電話番号:0557-32-1173
秘書課へメールを送信する

秘書課のメールアドレス