• このエントリーをはてなブックマークに追加

新制度の利用の流れ(保育園)

新制度の利用の流れ(保育園)
  
 保育所の利用を希望する保護者の方は、利用のための認定を受けていただきます。

  新制度では、以下の3つの区分の認定に応じて、保育所、幼稚園の利用先が決まっていきます。
  手続きは、これまでと時期や流れが大きく異なるものではありませんが、市から提供される情報をよくご確認ください。
                小鳥8
3つの認定区分     

区分 1号認定
教育標準時間
2号認定
保育短時間(8時間)
または
保育標準時間(11時間
3号認定
保育短時間(8時間)
または
保育標準時間(11時間)
対象となるこども   保育を必要としない
満3歳以上の幼児
保育を必要とする
満3歳以上の幼児
保育を必要とする
満3歳未満の乳児
利用できるもの   幼稚園           
             保育園

新制度の利用にかかる保育料は、保護者の所得に応じた支払いが基本となります。

ライン2

保育所での保育を希望される場合の保育認定(2号認定、3号認定)に当たっては、
以下の3点が考慮されます。

1 保育を必要とする事由  次のいずれかに該当することが必要です。
  □就労(フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働など、基本的にすべての就労を含む)
  □妊娠、出産
  □保護者の疾病、障害
  □同居又は長期入院等している親族の介護・看護
  □災害復旧                                                       
  □求職活動(起業準備を含む)                                                                                                 
  □就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)                           
  □虐待やDVのおそれがあること
  □育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
  □その他、上記に類する状態として市町村が認める場合
   ※同居の親族の方が子どもを保育することができる場合、利用の優先度が調整される場合があります。

2 保育の必要量  就労を理由とする利用の場合、次のいずれかに区分されます。
  a 「保育標準時間」利用 ➜フルタイム就労を想定した利用時間(最長11時間)
  b 「保育短時間」利用  ➜パートタイム就労を想定した利用時間(最長8時間)
   ※「保育短時間」利用が可能となる保護者の就労時間の下限は、1カ月当たり48〜64時間の範囲で
    市が定めることとなります。

3「優先利用」への該当の有無
  ひとり親家庭、生活保護世帯、生計中心者の失業、お子さんに障害がある場合などには、
  保育の優先的な利用が必要と判断される場合があります。
   ※具体的な運用は市において順次検討が行われます。

     ライン

〇申込方法
    保育園を利用希望の場合            
 1.保護者は、市に保育の必要性の認定を申請(支給認定の申請)と利用希望の申し込みをする。
             
 2.市は認定証を交付(2号認定・3号認定)と利用調整(保育所の入所承諾)を行います。
                 ※不承諾になる場合もあります。
             
 3.保育の利用(保育所への入所)
                   

              
                     ライン こども2      
   子ども・子育て支援新制度に関するQ&A
  今までは、保育に欠ける(保護者が子どもを保育することができず、同居している親族も保育できな
 いような状態)ことが保育所に入れる条件でしたが、新制度では、保育に欠ける、欠けないに関わらず、
 幼児教育・保育を受けることを希望
されるすべての保護者の申請に基づいて、客観的な基準をもとに、保
 育の必要性の有無や必要量を認定します。
 

1.入園の手続きはどう変わるの?
 入園を希望される方は、伊東市に申請をし保育の必要性の認定(「支給認定」といいます。)を受けていただき、
伊東市からは、認定結果に応じた「認定証」を発行します。
2.利用料金はどうなるの?
  市民税所得割額により算定されます。4〜8月分保育料は、前年度市民税所得割額で算定し、9〜3月分保育料
は、現年度市民税所得割額で算定します。
3.現在、幼稚園・保育園などに入園中の場合の手続きはどうなるの?
 27年4月以降も継続して利用するための手続きとして、支給認定を受ける必要があります。
4.今ある幼稚園や保育園はどうなるの?
 既存の幼稚園や保育園については、これまでどおり、幼稚園や保育園として継続されます。
5.幼稚園の保育料は?
 新制度では、幼稚園に支払う保育料自体が、保護者の所得に応じて市が定める負担額となる仕組みになります。
これに、各園において、実費負担や上乗せ利用料が生じる場合があります。詳しくは決まり次第お伝えします。

幼児教育課
ページの先頭へ