• このエントリーをはてなブックマークに追加

旅館いな葉

旅館いな葉(伊東市松原)

画像なし no image

大正年間から昭和初期にかけて、伊東温泉の中心地的旅館街であった松川沿いには、 松川館・大東館・東海館・カタナヤ旅館など、旅館建築が軒を並べて建っていた。
「旅館いな葉」もその一軒で、木造3階建て(地下1階、一部地上4階)、建築面積は1460平方メートル。 大正末年頃(大東館)として建築され、独特な形状の望楼は「油差し」と呼ばれ親しまれてきた。
内部は、いたる所に銘木が使用され、特に玄関ホールのケヤキの床板は見事で、 磨きこまれた時代色も好ましい。 客室の意匠も工夫が凝らされ、伝統的温泉旅館の様式を良く伝えている。

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ