• このエントリーをはてなブックマークに追加

元禄地震津波供養塔・仏現寺(市指定史跡)

げんろくじしんつなみくようとう・ぶつげんじ

津波供養塔 佛現寺2

津波供養塔 佛現寺1

 

 

 
元禄地震は、元禄16年(1703)11月22日夜半に起こった地震で、M7.9〜8.2の海溝型巨大地震と言われています。

 伊豆半島に多くの被害を出しましたが、伊東市の中でも特に被害が大きかったという記録が残るのは、和田村・川奈村・宇佐美村で、 死者を供養する石造塔も、この三つの地域に残っています。

 仏現寺の津波供養塔には、元禄地震2基(左写真の手前2基)と関東大震災(左写真の奥)1基の供養塔があり、村内にあったものを現在の場所に集めたものです。
 1基は海岸の旧山平旅館(現游心楼山へい)にあったもので、被災者163人を弔うものです(右写真は拡大したもの)。もう1基は、境内にあったもので、100余人の犠牲者の供養する文字が記されています。

指定年月日  平成18年3月28日
指定番号  市28号
   
   

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ