• このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田隧道(市指定史跡)

よしだずいどう

吉田隧道1

吉田隧道2

 吉田隧道は、一碧湖の水を吉田村の集落へ通す、水田灌漑用水のトンネルとして、江戸時代に最初の工事が行なわれました。

 昭和5年の北伊豆地震による内部の崩落により、昭和8年に掘り直されましたが、再び使用に耐えなくなって、 平成15年に新トンネルが完成しました。
 
 旧トンネルの取水口(写真上左)は大正10年、吐口(写真下)は昭和8年に作られたものです。取水口には、荻の石工が関わっており、木製の栓により水量の調整を図っていたことがわかります。(写真上右)

 
水の無かった吉田村にとって、一碧湖の水を通すことで、農業生産が飛躍的にあがることから、何度も改修を重ねながら、大事にされてきました。

吉田隧道3

指定年月日  平成15年5月22日
指定番号  市26号
建築時期  (取水口)大正10年
   

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ