• このエントリーをはてなブックマークに追加

かんのん浜ポットホール(市指定天然記念物)

かんのんはまぽっとほーる

ポットホール1

 城ヶ崎海岸は、今からおよそ4000年前に、大室山火山溶岩流によって形成されたものですが、 延長9kmにわたる磯浜には、大小さまざまなポットホールが存在しています。
 
 ポットホールとは、日本語で甌穴(おうけつ)と呼ばれ、岩石が川の水流によって動き回り、河床などに穴をあけた状態などのことを指します。

 かんのん浜ポットホールは、直径1.2mの甌穴の中に、この甌穴をつくった岩石がほぼ完全な球体となって残っている(直径約70)という点で、非常に珍しいものとなっています。

 このポットホールは、岩盤の亀裂部分にあった岩石が、波の出入りにより突き動かされ、次第に動きながら沈み込み、甌穴と球体を作っていきました。

 現在でも球体は動き続けていることから、甌穴は下に広がり、球体自身も少しづつ身を削っています。 

ポットホール2 ポットホール3
指定年月日  平成14年3月28日
指定番号  市25号
大きさ  直径約70cm
   ※ポットーホールのある場所は、足元の悪い場所にあります。伊東歴史案内人会など見学経験のある方の同伴が望ましいです。

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ