• このエントリーをはてなブックマークに追加

三島神社本殿 附棟札2枚(市指定建造物)

みしまじんじゃほんでん つけたりむなふだにまい

富戸三島神社本殿

 富戸の三島神社の創建は定かではないが、天平年間の創始と伝えられています。社伝によると、古くは事代主命をまつる三島神社を主とし、若宮八幡宮・第六天王神社・山神社を合祀しています。

 享和3年(1803)に建立された現本殿は、三島神社と若宮八幡を合祀する二間社流造の社殿形式で、 向かって右側に三島神社、左に若宮八幡宮をまつっています。

 社殿は寛政7年(1795)に建立された、八幡野区の八幡宮来宮神社本殿と同じ形式であり、 先に建立された八幡宮来宮神社の二間社流造を参考にして、造営されたものと思われます。

 大工の棟梁は田子村(現西伊豆町)の土屋左七、木挽きは八幡野村の稲葉久五郎と十足村の小川藤八、 基礎は信州稲郡原口村の石工北原清吉があたりました。総ケヤキ造・柿葺き屋根を持ち、静かな中にも荘厳な趣のある建築となっています。

なお、御祭神は「御島神」の異名を伝え、相殿の若宮八幡は「千鶴丸」との伝承をもっています。

指定年月日  平成11年3月30日
指定番号  市23号
建築時期  享和3年(1803)
   

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ