• このエントリーをはてなブックマークに追加

旧木造温泉旅館東海館(市指定建造物)

きゅうもくぞうおんせんりょかんとうかいかん

東海館

 「旧東海館」と「旧いな葉」(現ケイズハウス伊東)が軒をそろえ、松川に灯を映す景観は、湯の町情緒をかもし出す伊東温泉のシンボルとなっています。

 東海館は、材木商だった稲葉安太郎氏によって、河合別荘の一部の跡地に昭和3年創業されました。

 木造3階建て(一部5階)建築面積1320平方メートルの建築は、 昭和初期の面影を良くとどめ、いたる所に使用される銘木・奇木の妙と、建具や細部の意匠に当時の職人の腕の冴えをみることが出来ます。

 120畳敷きの大広間は圧巻で、当時の旅行形態も覗えます。

指定年月日  平成11年3月30日
指定番号  市22号
建築時期  昭和3年
   

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ