• このエントリーをはてなブックマークに追加

浜崎家の木造毘沙門天立像(市指定彫刻)

はまざきけのもくぞうびしゃもんてんりつぞう

浜崎家の毘沙門天立像

 宇佐美の浜崎家の先祖は、関ヶ原の戦いに敗れた西軍の武士で、 石田三成の守護仏であったというこの仏像を背負って逃れ、土着したと伝承されています。

 木像は寄木造りで、色彩が施され、宝冠を被り、光背に輪光を配し右手に三叉戟(さんさげき)をとり、 左手に宝塔を奉持しています。胴にはくびれた鎧を着用し、一邪鬼の上に立つ武装忿怒形のこの像は、非常に見事な造りとなっています。

 南北朝頃(14世紀)の製作と推定され、胎内には修理の記録や経文が納められています。

指定年月日  昭和63年4月26日
指定番号  市18号
像 高  70cm
製作時期  南北朝?

 ※木造毘沙門天立像は現在公開していません。

戻る

生涯学習課
ページの先頭へ