• このエントリーをはてなブックマークに追加

杉崎神社の鰐口(市指定工芸品)

すぎさきじんじゃのわにぐち 

杉崎神社鰐口1 杉崎神社鰐口2

杉崎神社は松原神社の北側斜面にあった神社で、現在は松原神社に合祀されています。

 鰐口とは、神社やお寺の軒先に吊り下げられた、銅または鉄製の鋳物で、参拝者はこれの縄緒を振って音を出し参拝します。

 杉崎神社には2個の鰐口が所蔵され、いずれも銅製で、室町時代のものと江戸時代の銘文が陰刻されています。

杉崎神社には杉崎稲荷の異称があり、稲荷信仰に基づくものとみられるが、 詳しい由来等は不明です。

■銘文■
 (写真左) 「奉懸杉崎大明神鰐口文■ 肯長禄四年十月吉日」
 (写真右) 「奉納豆州松原杉崎 正徳四歳午四月小 小田原鍋や平兵衛」

※鰐口は、通常一般公開していません。

指定年月日  昭和51年12月2日
指定番号  市13号
制作年代  ア 長禄4年(1460)
 イ 正徳4年(1714)
寸 法  ア 23cm
 イ 10cm

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ