• このエントリーをはてなブックマークに追加

木造宝冠阿弥陀如来坐像(県指定彫刻)

もくぞうほうかんあみだにょらいざぞう

宝冠阿弥陀如来坐像

 
 県内の宝冠阿弥陀如来像としては、伊豆山走湯山下常行堂本尊で、建仁元年(1201)快慶作の宝冠阿弥陀如来像(現広島・耕山寺蔵)に次いで制作年代が古いものです。

 像容は、頬に張りがあり、口元をしっかりと結び、目は明確に刻まれて力強くなっています。また、両手は馬口印を結んでいるのが特徴となっています。

 これらの特徴と、高い宝髻(ほうけい)、棚状の像底などから鎌倉時代前期の慶派仏師の作と考えられます。
 


※木造宝冠阿弥陀如来坐像は、通常一般公開していません。

指定年月日  平成21年3月23日
制作年代  鎌倉時代前期
像 高  59.5cm 
構 造  木造(割矧造)
所 蔵  花岳院

戻る

生涯学習課
ページの先頭へ