• このエントリーをはてなブックマークに追加

天照皇大神社社叢(県指定天然記念物)

てんしょうこうたいじんじゃしゃそう 

天照皇大神社社叢

 
 日本の暖かい地方の植生変遷の終点である林の状態(極相林)を示しています。

 この社叢にはスダジイの大きな木が60本以上見られ、 これだけ大きなスダジイがそろってみられるのは珍しいと言われます。

 林内は樹冠が繁って暗くなっており、林床には他の植物があまりみられません。
  
 古くなって空洞がみられる樹も多くなってきましたが、周辺の環境が変わらなければ、 長い時間かかって更新されていくものとも思われます。

指定年月日  昭和42年10月11日
   
   
   

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ