• このエントリーをはてなブックマークに追加

八幡宮来宮神社神輿(市指定工芸品)

はちまんぐうきのみやじんじゃみこし

八幡野の神輿


 市内の各神社にはそれぞれ立派な神輿がありますが、八幡野の神輿のうち1基は、輦台(れんだい)裏に安永7年(1778)8月の墨書があり、 市内で一番古いものと思われます。

 棰木(たるき)から四方に垂れている瓔珞(ようらく)といわれる飾り金具への卍紋の取り入れ、 屋根の四隅の蕨手(わらびて)の上に燕などは、明治以前の神仏混合の名残をとどめています。

 別の1基には、天保11年(1840)の銘があります。安永のものと同様式で、いずれも神輿全体の均整がとれ、簡素の中にも格調の高さを示しています。

指定年月日  昭和45年5月12日
指定番号  市9号
制作年代  ア 安永7年(1778)
 イ 天保11年(1840)
   ※神輿・屋台は9月の敬老の日と前日(日・月曜日)に実施される祭典において披露されます。 

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ