• このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒメユズリハ群落(市指定天然記念物)

ひめゆずりはぐんらく

ヒメユズリハ


 ヒメユズリハは日本の暖かい地方の沿岸の照葉樹林に生育する樹の一つで、ユズリハより葉が小さいので、ヒメと名がついています。

 城ヶ崎海岸の照葉樹林にもみられ、特に門脇灯台付近では、純林といえるほどの群落となっています。

 葉は枝の先にまとまってつき、葉柄は赤く、葉脈は網状に盛り上がいます。

指定年月日  昭和42年1月11日
指定番号  市3号
目通り  2.25m(最高) 
樹 高  平均16m

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ