• このエントリーをはてなブックマークに追加

河津三郎祐泰の血塚(市指定史跡)

かわづさぶろうすけやすのちづか

河津三郎祐泰血塚


 曽我兄弟の仇討ち物語の発端の場所として名高い、椎の木三本の麓の旧街道(東浦路)沿いにあります。

  兄弟の父河津三郎(伊東祐親の嫡男)が落命したと伝承される場所に、 後年供養のために積石塚と宝筐印塔が建立され、河津三郎血塚の名で伝えられてきました。

指定年月日  昭和41年7月25日
指定番号  市2号
   
   

戻る

〔周辺案内図〕
※地図はドラッグ操作でスクロールします
生涯学習課
ページの先頭へ