『伊東市史』刊行物の御案内

 刊行図書のご紹介

伊東市史編さん委員会では、伊東の歴史に関する書籍を発刊しております。
 刊行本目録は、こちらからダウンロードできます。


閲覧 又は 購入については、下記のとおりとなります。
 
 閲覧出来る場所
  1 伊東市立図書館
  2 生涯学習課(市役所5階)
  3 市内各コミュニティセンター

 購入方法 (下記のどちらかで)
  1 市内書店で購入
  2 本の販売代金に郵送代の切手を同封し、現金書留で生涯学習課に送付
  
    各本の代金・送料はこちらをご覧ください。

 ※くわしくは生涯学習課市史担当(32−1963)まで
  お問い合わせください。


 伊東市史 史料編

『古代・中世(B5 版函入 縦組 本文844 頁・口絵カラー図版55 点)
 伊東・宇佐美を名字の地として活躍した武士団伊東氏と宇佐美氏の残した史料を
 全国的視野で集成!

『近世1』(B5 版函入 縦組 本文785 頁・口絵カラー図版6 点)
 江戸との強い経済的なつながりを示す伊東の古文書544点を精選して活字化!
『近世2』(B5 版函入 縦組 本文772 頁・口絵カラー図版18 点)
 伊東市域16カ村の村社会、往き来する旅人の姿や幕末の伊東を捉える文書群を精
 選して活字化!
『近現代1』(B5 版函入 縦組 本文751 頁・口絵カラー図版29 点)
 16カ村の分立から伊東市域に展開した宇佐美村・伊東町・小室村・対島村の1町
 3村の史料群を集成!
『近現代2』(B5 版函入 縦組 本文786 頁・口絵カラー図版37 点)
 激動の昭和史と伊東市民の軌跡を後世に伝える史料群を集成!
『考古・文化財』(B5 版函入 縦組 本文748 頁・口絵カラー図版22 点)最新刊
 伊東の遺跡出土資料を総覧し、市内の代表的仏像や金石文を集成!


 

 伊東市史 別編 

『伊東の自然と災害』(B5 版 縦組 444 頁・うち66 頁カラー)
 伊東の大地の形成と自然、繰り返された災害の歴史に焦点をあてた初の通史!


 伊東市史 ビジュアル版

『図説 伊東の歴史』(第二刷、オールカラー・A4 縦組 268 頁)
 複雑多岐な伊東の歴史を原始から現代まで鮮明な写真と図表で再現し、わかりやすく

 解説!


 伊東市史叢書 

第1集 伊東の歴史と民俗寸描−地元新聞紙上にみる伊東の姿−』 品切れ
第2集 『伊東における狩野川台風の記録』 品切れ
第3集 『伊東温泉のうつりかわり−江戸時代から現代までの資料 - 』
第4集 『伊東の文化財』 品切れ
第5集 『伊東の学校の歴史』
第6集 『伊東の自然』


 伊東市史調査報告
第1集 
伊東市の棟札』  市域に残る寺社所蔵の棟札類悉皆調査
第2集 伊東市の石造物』 中世石造塔、近世墓標、石仏の悉皆調査報告
第3集 伊東市の民俗』  初の民俗調査結果を集成


 伊東の今・昔 伊東市史研究

品切れ 『伊東の今・昔−伊東市史研究 創刊号』  
収録論文  伊東市史記念講演 「海から見た伊東」  網野善彦
  「火山がつくった伊東の大地と自然」  小山真人
  「伊東氏由緒の形成」  盛本昌広
  「江戸時代伊豆東海岸の交通」  加藤清志
  「子供の守護神としての伊豆の道祖神」  木村 博
 



品切れ
「古文書と私」  星野和子
   
   
 『伊東の今・昔−伊東市史研究 第2号』  
収録論文  伊東市史講演 「伊東一族の五百年」  山田邦明
  「伊東市川奈姥子窟の考古学的調査」
 
 
 坂誥秀一
 上野恵司
 金子浩之
  「成長儀礼の歴史と民俗」  吉川祐子
  「関東大震災に宇佐美の児童はいかに対応したか」  笹本正治
  「津波歴史データ集積の重要性」  今村文彦
   
 『伊東の今・昔−伊東市史研究 第3号』  
収録論文  伊東市史講演 「伊東の歴史と文化をどういかすか」  笹本正治
  「伊東と曽我物語」   坂井孝一
  「元禄地震における伊東での被害と人々の行動」  西山明仁
  「伊東の近代建築とその背景」  建部恭宣
    「海の村を建設する−戦時期海の村の分析−」  小川徹太郎
   
『伊東の今・昔−伊東市史研究 第4号』  
収録論文     伊東市史講演 「考古学からみた伊東の歴史」  坂誥秀一
  「戦国時代の伊東」  盛本昌弘
  「近世伊豆国伊東地域における山林利用について」  田上 繁
  「近代漁業税の形成とその賦課動向」  佐々木哲也



品切れ
「鎌田城跡発掘調査概要報告」  考古史料部会
   
『伊東の今・昔−伊東市史研究 第5号』   
収録論文  伊東市史講演 「源頼朝一族と伊豆」  山本幸司
  「明治・大正期静岡県会の漁業税争点と増税反対運動」  佐々木哲也
  「大室山をめぐる民俗」  民俗部会

 

 

 

  『伊東の今・昔−伊東市史研究 第6号』  
収録論文  伊東市史講演「海と職人の歴史」  神野善治
   「近世伊豆における海村の展開」  泉 雅博
    「沢田林、沢田についての考察」  佐藤陸郎
     「三団体事件」を考える  渡辺秀夫

 

 

 

  『伊東の今・昔−伊東市史研究 第7号』  
収録論文 伊東市史講演「江戸時代の伊東伊東湊が結びつけるもの  田上 繁
   「伊東市朝日山経塚の基礎的研究」  時枝 務
    「戦国期仁杉氏の動向」  盛本昌広
   「旅人・温泉・村・身分近世伊東の村落社会史  関口博巨

 

 

 

 

 『伊東の今・昔−伊東市史研究 第8号』 

 

収録論文

伊東市史講演 「明治・大正時代の伊東- 市民が綴った市史を読みとく」

 羽賀祥二

 

「旅人・温泉・村・身分-近世伊東の村落社会史-(下)」

 関口博巨

 

「近代伊東のかつお節考 -伊東水産製造業の史料的検討-」

 佐々木哲也

 

「吉田砲台の実測調査」

 金子浩之

 

 

 

 

 『伊東の今・昔−伊東市史研究 第9号』 

 

収録論文

伊東市史講演 「伊東・宇佐美氏の歴史と戦国時代の伊東」

 盛本昌広

 

「近代の伊東における大火と地域の対応」

 矢島有希彦

 

「別荘地」伊東と若槻礼次郎

 小宮一夫

 

「海軍通信学校及び電測学校宇佐美実習所の防空壕の発掘調査」

 金子浩之

 

 

 

 

 『伊東の今・昔−伊東市史研究 第10号』

 

収録論文

 「巻頭言」

 坂詰秀一 

 

 「大日本帝国の村」とデモクラシー

 今村文彦 

 

 「伊東市史の地元文書史料収集の経過」

 加藤好一 

 

「宇佐美遺跡検出の津波堆積物と明応4年地震・津波の再評価」

 金子浩之 

 

 

 

 

 『伊東の今・昔−伊東市史研究 第11号』

 

収録論文

 伊東市史講演「過去の自然と災害に学ぶ」

 矢島有希彦 

 

 伊東市史講演「江戸時代の伊東の姿と漁業」

 泉 雅博 

 

 「南北朝期東国における石塔氏の動向」

 盛本昌広 

 

 「伊東氏と平安・鎌倉時代の海運 −井戸川遺跡第四次発掘調査の意義」

 浦志真孝 


 伊東市所在文書

第1集
  『荻野文書・高半文書・赤澤文書・八幡野文書』      500円

 

第2集  『絵図・土屋文書』                   500円 

 

第3集  『山川文書・肥田文書・蓮着寺文書。田畑文書・

      小川文書・荻文書・鎌田文書・川奈文書・前島文書・

      川村文書・佐藤文書・湯川文書・遠州屋文書』      500円

 

第4-1集『玖須美区有文書1』                  500円

 

第4-2集『玖須美区有文書2』                  700円 

 


 

 伊東市史だより(無料配布)

第1号 谷文晁-赤沢山-の図」
品切れ 伊東市史編さんに向けて(伊東市長)
    新しい伊東市史の編さん(網野善彦)
    編集委員紹介
    編さん事業紹介

第2号
 曽我物語の名場面
品切れ 伊東市史の編さんに思う(坂誥秀一)
    編集委員紹介
    市史編さん事業の一年を振り返る(近世部会の活動・民俗部会の活動)

第3号 考古部会の活動(川奈・姥子窟の発掘調査)
    地域史料部会の活動(石造文化財調査・建造物調査)
    市史編さん室から

第4号 濱野建雄と伊東誌

    中世部会の活動

    近代現代部会の活動

    市史編さん室から(市史編さん事業報告)

第5号 日向伊東氏の活躍

    古代部会の活動

    自然環境・災害部会の活動

    伊東市史刊行計画の概要

    平成15年度市史編さん事業報告

第6号 懐かしい伊東の風景

    対談伊東市史編さん

    伊東市史編さんのこれまで

    各部会の動き

    市史編さん事務局から

 

第7号 特集 石切丁場遺跡

品切れ 伊東市史刊行物の紹介

 

第8号 特集 伊東の地震と津波

品切れ 伊東市史古代・中世史料編の編集を終えて(山本幸司)

 

第9号 特集 写真でたどる戦前・戦後の伊東

 

第10号 特集 写真でたどる戦前・戦後の伊東2

 

第11号 特集 江戸時代の伊東 

 

 



生涯学習課