• このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅・土地統計調査にご協力ください

  • 総務省統計局では、全国の約370万住戸・世帯を対象に、平成30年10月1日を調査期日として住宅・土地統計調査を実施します。
  • 調査は9月から10月にかけて行いますので、皆様のご協力をお願いします。
  • 回答には簡単・安心なインターネット回答をご利用ください。
 平成30年住宅・土地統計調査画像


住宅・土地統計調査とは


 住生活に関する最も基本的で重要な調査で、全国約370万世帯の方々を対象とした大規模な調査です。
 調査の結果は、国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定、耐震や防災を中心とした都市計画の策定、空き家対策条例の制定などに幅広く利用されています。


調査の対象


 全国370万戸(伊東市約3100戸)の住宅及びこれらに居住している世帯


調査の時期


 平成30年9月〜10月(平成30年10月1日現在) 

調査する内容


  • 住宅数や国民の居住状況
  • 高齢化社会を支える居住環境
  • 耐震性・防火性といった住宅性能水準の達成度
  • 土地の利用状況
  • 空き家の実態

 

インターネット回答をご利用ください


 住宅・土地統計調査では、スマートフォンでも回答でき、24時間ご都合のよい時間に回答可能なインターネット回答を推奨しています。ぜひ、インターネット回答をご利用ください。



政府統計

※住宅・土地統計調査は統計法に基づいた基幹統計調査です

 住宅・土地統計調査は、統計法に基づく基幹統計調査として実施します。
 この調査の対象となる世帯には、9月中旬から下旬にかけて、調査員が調査書類を配布いたしますので、ご回答をお願いします。
 なお、調査票に記入していただいた内容は厳重に管理され、統計作成の目的以外に使用することはありません。また、調査を実施する国・地方公共団体・統計調査員には、調査によって知り得た情報を他に漏らしてはならないことが統計法で規定されておりますので、正確な記入をお願いします。


住宅・土地統計調査ロングバナー
 

庶務課
ページの先頭へ