クーリングオフ制度

「しまった!」「ちょっと変だ!」買うつもりがないのに、つい契約してしまった・・・そんなときに頭を冷やして考えるために、無条件で契約を解除できる制度です。
特定商取引法によるクーリング・オフ一覧

1 訪問販売
販売方法 家庭訪販、キャッチセールス、アポイントセールスほか営業所以外でした契約
期   間 契約書面が交付された日から8日間

2 電話勧誘販売
販売方法 業者の電話勧誘行為によって申し込みをした契約
期   間 契約書面が交付された日から8日間

3 特定継続的役務提供
販売方法 外国語教室、エステティック、学習塾、家庭教師の契約(*店舗での契約も含まれる)
期   間 契約書面が交付された日から8日間

4 連鎖販売取引〈マルチ・マルチまがい商法〉
販売方法 友人等に商品を紹介販売し儲ける目的でする商品購入等の契約
期   間 契約書面が交付された日、または商品受け取り日のいずれか遅い方から20日間

5 業務提供誘引販売取引〈内職商法、モニター商法〉
販売方法 提供される仕事で収入を得るためにした商品購入などの契約
期   間 契約書面が交付された日から20日間


クーリング・オフをするときの注意
○ 通知は必ず書面で出しましょう。
○ 書留郵便か内容証明郵便で出しましょう。
○ コピーを忘れずにとりましょう。
○ クレジット契約をした場合は、信販会社にも同様の通知を出しましょう。
   ※ 契約金額が3,000円未満の場合などクーリング・オフができないケースもあります。
クーリング・オフの書き方
(下の「クーリング・オフの書き方(1)」に書き方例があります。)  
○ クーリング・オフ期間内になるべく早くだしましょう。 
○ はがきはコピーを取り、郵便局へ行って簡易書留で出しましょう。
○ はがきのコピーと簡易書留の受領証は、大切に保管しましょう。 
○ クレジット契約をした場合は、販売会社とクレジット契約会社の双方に契約解除通知書を送付してください。(「クーリング・オフの書き方(1)」及び「書き方(2)」)  
 クーリング・オフ期間を過ぎてしまってもあきらめないで!不当な契約であれば「消費者契約法」によって契約を取り消すことができます。






ページトップへ