住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳カードの申請・交付

写真付きと写真無しの2種類のカードから選択できます。
写真付きには写真のほか住所・氏名・生年月日・性別が記載されます。
(写真は申請の時に撮影します)
写真付きは身分証明として利用できます。
有効期限は10年間ですが、住民票コードを変更した場合にはその時点で使用できなくなります。
手数料は500円です。カードの交付は、伊東市役所本庁の市民課になります。
その際は、ご自分で設定した4桁のパスワードを入力していただきます。

住民基本台帳カードの申請方法については、下記「住民基本台帳カードについて」をご覧ください。

住民票の写しの広域交付

全国の市区町村(一部不参加団体は除く)で本人または本人と同一の世帯員の住民票の写しの交付を受けることができます。ただし、本籍・筆頭者は記載されませんのでご注意ください。
交付手数料は伊東市では1通300円です。
申請の際に住民基本台帳カードもしくは官公署発行の写真付き身分証明書の提示が必要です。

転出・転入の特例

住民基本台帳カードの交付を受けている方(またはその方を含んだ世帯)は、事前に引越し前の市区町村に転出届を提出または郵送し、転出の処理が転出地で終了していれば、転入する市区町村に住民基本台帳カードを提出し、暗証番号の入力などの必要なお手続きをしていただき、転入届を行うことができます。
住民基本台帳カードは転出時に返納せず、新しい市町村で継続利用の手続きをすることで、引き続き使うことができます。
国民健康保険・介護保険・児童手当が伴う方は事前にご連絡ください。

市民課