• このエントリーをはてなブックマークに追加

【外国人住民の方へ】住基ネットの運用が始まります

平成25年7月8日から、外国人住民の方についても住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が始まります。

 
 住基ネットとは…住民の方々の利便性の向上と国及び地方公共団体の行政の合理化に資するため、
         居住関係を公証する住民基本台帳をネットワーク化した、全国共通の本人確認
         ができるシステムです。


≪できるようになること≫
 ・住民基本台帳カード(住基カード)を作ることができます。
  ※住基カードはセキュリティに優れたICカードで、「写真付き住基カード」は公的な証明書
   としても使えます。

 ・一部の行政機関で、住民票の写しの提出が省略できます。
 ・伊東市役所以外の役場でも住民票の写しを取得できます。
  ※住基カード、在留カード等の提示が必要です。
 ・住基カードに電子証明書を格納することで、電子証明書による本人確認を必要とする行政手続
  のインターネット申請ができます。



住基ネットの運用開始に伴い、住民票コードを通知します。

 
 住民票コードとは…住基ネットにおいて、全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な、
          無作為の11桁の番号です。



平成25年7月8日から順次発送しますので、大切に保管をお願いします。

市民課
ページの先頭へ