• このエントリーをはてなブックマークに追加

【市民生活・防災】伊東市の防犯対策と警備(防犯、監視カメラ設置)について

 市政モニターからのご意見

  伊東市の防犯対策と警備は万全でしょうか、教育現場の児童を預かる防犯対策を筆頭に市で関連する施設の警備(防犯、監視カメラ)の整備は如何ですか。  
  又、各自治会にも関連致しますが街路灯の整備も見直す必要があると感じます。特に暗い道の一人歩きは危険です、街灯の新設を要望致しましょう。      
 ところで、昨今コンビニ、スーパーなど不特定多数の出入りする施設には防犯カメラが設置される時代となりました。
  けして望むわけではないが世の流れでしょう。    
 監視カメラ等が設置されていると言う事で事件の防止に繋がるかも知れません?

  市民が日々安心な生活が送れるように、そして何よりも観光客が安心して旅行出来る対応を鑑み伊東市でも警察と連携して防犯・監視カメラの整備を要望致します。


  担当課からの回答

  現在、本市では、市民一人一人の防犯意識を高めることを目的に、伊東警察署や関係団体と連携し、幼児や児童・高齢者を対象とした防犯教室や教職員・企業を対象とした不審者侵入訓練や護身術研修会を開催しております。
  また、不審者が連続して発生した際につきましては、伊東警察署と連携し注意喚起の立看板の設置及び不審者に関する情報を市ホームページに掲載するなどして周知を図っているところであります。
  ご指摘されるとおり、防犯カメラ(監視カメラ)を設置することは犯罪抑止対策としての効果が期待でき、事件等が発生した際においても犯人逮捕への足掛かりになると思われます。 
  防犯カメラにつきましては、現状では、市役所庁舎や保育園・小学校など数箇所に設置しておりますが、今後、地域等からの要望や防犯カメラ設置に伴うプライバシー権の侵害などの不利益等も考慮しながら伊東警察署と連携し、検討をしてまいります。  


  担当:危機対策課危機対策担当  電話0557−32−1361

市政戦略課
ページの先頭へ