• このエントリーをはてなブックマークに追加

【環境・衛生】伊東市の塵芥処理現況と今後について

市政モニターからのご意見

1.ゴミ処理の現状についてのお尋ね
 環境美化センターに搬入される可燃ゴミ量は、平成15年4月からの指定袋や、平成20年10月から実施されたゴミ処理有料化(指定袋20、30、45ℓ)によって減量化を維持し、元の木阿弥にならない広報活動を進める必要があると考えます。
 ごみの排出量が減少していると聞いていますが有料前と後ではどの位の減ですか、一人当たりに換算した場合の数量はどれだけ減っていますか、市民がごみの減量化を意識して焼却施設の延命策を願うところです。

2.資源ゴミ収集の整備
 リサイクルすることによって、まだまだ減らすことは可能です。市では既に古紙、瓶、缶等の分別収集を実施されています。
 しかし、ペットボトル、紙パック、トレー類については一部のスーパーでの回収のようです。
 今後はステーションに搬出出来ないか、また、新たに保冷箱リサイクルなども加える整備をご検討いただきたい。(余談だが発泡スチロールを造形に使用する)

 昨今、DMの冊子、チラシが多いと感じます。

3.ごみ収集業務の民間委託について
 県道路公社(収受業務)、また、大手企業でも今や民間への委託に切り替えが進んでいます。
 伊東市では水道事業の一部が民間委託への実績もあり清掃業務をはじめ全般に見直す必要が有ると考えます。

4.ごみ設置及び集積所についての補助金
 何処の町内に於いてもごみステーションの管理は頭痛の種です。
 設置場所の問題からスタートして集積所の作りは簡易的です。
 この為、各町内(隣組での当番制や付近の方が管理しています。)主にカラス対策としてネット及びビニールシート、ポリバケツ等で対応しているところです。
 ここでネットや備品に関する補助金等をご検討ください。



担当課からの回答

1.ごみ処理の現状について
 本市の可燃ごみ排出量につきましては、平成20年10月から実施した有料化により大幅に減量され、現在においても、市民や事業者の皆様の御協力により、順調に推移しています。
 具体的には、有料化実施前の平成19年度と実施後の平成21年度を比較しますと、約15パーセント減量されており、また、市民1人当たりに換算しますと、年間約74キログラムの減量となっています。
 今後におきましても、これまでの減量化の実績等を積極的に広報するとともに、リサイクルに関する新たなごみ処理施策を実施するなど、更なる減量化を図っていきたいと考えています。

2.資源ごみ収集の整備について
 ペットボトル、牛乳パック、トレーにつきましては、市内スーパー等の協力店や生涯学習センターに設置してある回収ボックスに出していただくことによりリサイクルされていますが、このような拠点回収では収集量も少なく、その多くが可燃ごみとして出されていると推測できます。
 リサイクルを推進するためには、これらの容器包装廃棄物を分別品目として位置付け、ごみステーションでの収集を実施することで、市民の皆様にとって排出しやすい環境を作るとともに、収集量の増加を図ることが重要です。
 このことから、ペットボトルのステーション収集については、平成27年度からの実施を目指し、現在、収集体制の見直しや排出量調査などを行っているところです。
 また、御意見をいただきました保冷箱も含め、その他の廃棄物につきましても、分別収集の実施についても、検討していきたいと考えています。

3.ごみ収集業務の民間委託について
 ごみ収集業務につきましては、伊東市公共経営改革大綱におきましても「清掃業務(ごみ収集等)の民間委託」の方針が示されており、早期に委託化を推進していかなければならないと思っています。
 民間委託の実施に当たっては、職員の身分保障等の問題を解決したうえで、順次、民間委託が進むよう取り組んでいきたいと考えています。

4.ごみ設置及び集積所についての補助金について
 本市のごみステーションの設置及び管理は、昭和37年にステーション方式による定時収集を実施して以来、町内会や隣組が土地所有者から土地を借り受け、ネットや備品の購入も含めて設置し、管理していただいております。
 従いまして、御意見をいただきましたとおり、ネットや備品に特化した補助制度はございませんが、今年度に新設した「かがやくまちづくり事業」(平成22年度から平成24年度までは「夢まちづくり事業」)では、行政区や50世帯以上の定住者戸数を有する分譲地等自治会を対象として、地域社会貢献活動に要した経費に補助を行っていることから、ネットや備品の購入については、この「かがやくまちづくり事業」による補助が活用できるものと考えています。

 担当:環境課美化推進係 TEL0557−32−1371

市政戦略課
ページの先頭へ