【環境衛生】「災害廃棄物の広域処理」について

モニターからの意見

    東北三県の復興に努力を重ねている被災地の人達には頭の下がる思いで一日も早いことを祈りながらも一方で汚染されている廃材の行方について、静岡県でも一部受け入れを認めながらも身近な問題になるとやはり難題なようです。伊東市でも「条件付きで賛成」と表明されていましたが、時間をかけて結論を出してください。

 

 担当課からの回答

  東日本大震災による地震や津波などの被害で発生した膨大な量の災害廃棄物の処理につきましては、被災地支援の思いを致す一方で、放射性物質に対する安全性の懸念などの課題が残ることから、受け入れに当たっては、慎重な対応が求められるところであります。

  当市の対応につきましては、これまでに静岡県市長会を通して、静岡県や環境省と受け入れについての協議を進めてきたところです。

  今後、静岡県から県内各市町の実情に応じた試験焼却に係る計画が示される予定であり、同計画の実現性や放射性物質に対する安全性を確認し、市民の理解を得た上で、施設の処理状況等から災害廃棄物の受け入れを判断してまいります。

(担当:環境課清掃施設係)

市政戦略課