【保健・福祉】「はばたき」「シニアプラザ」の利用について

モニターからの意見

  市内には「はばたき」とシニアプラザがあり、いずれも施設利用が無料ということで福祉とは無関係な団体が教室を行ったり、一部の方々が我がもの顔で利用したりしている状況である。今一度施設の正しい利用法を知っていただきたい。

 

担当課からの回答

 はばたきは、児童に健全な遊びを提供すること及びその健康を増進し、情操を豊かにすることを目的とする児童センターと、障がい者デイサービス事業を中心に、機能訓練や社会適応訓練を行い、その自立を援助するとともに介護者の負担を軽減し、市民との交流を深めることで社会参加を促す身体障がい者福祉センターにより構成された複合施設であり、集会室等は福祉関係団体等に貸出し、多くのご利用をいただく中で、社会福祉の増進や啓発に寄与しています。

 シニアプラザは、介護予防拠点施設として高齢者の生きがい活動や健康増進、介護予防等、高齢期においても健康でいきいきとした生活を送ることができることを目的とし、施設では趣味、学習、教養を高めるための活動として書道や手芸、工作、体操など様々な教室を開催し、多くの高齢者の方に利用いただいています。

 いずれの施設も、指定管理者による管理をしており、定期的な報告の中で利用者からの苦情等があった場合には適切な利用がされるよう努めております。

 また、両施設とも利用率が非常に高く、福祉を推進する上で必要な施設であると考えており、今後とも利用対象の方が利用しやすい施設として機能できるようにしてまいります。

(担当:高齢者福祉課長寿支援係)

市政戦略課