【行政運営全般】人材バンクについて

モニターからの意見

公人として様々な職種があり、ボランティアやアドバイザー、学識者としての登用等、役所サイドでの人材バンクが必要があるのではないか。

担当課からの回答

  静岡県において、「静岡県男女共同参画人材データベース構築のためのプロジェクト」として「さくや姫プロジェクト」があります。これは、静岡女性の人材の発掘と次世代女性リーダーの創成を目指し、2010年度にスタートした静岡県男女共同参画課によるプロジェクトです。 現在、「さくや姫プロジェクト」(part2)として、県内を中心に活躍する女性「さくや姫」の他、男女共同参画社会の実現に貢献する人たちを「さくやな人々」と命名し、仕事や子育て、家族に対する考え方を発信し、県内はもとより、たくさんの人たちに自分らしく生きるヒントを提供しております。 女性だけの人材発掘にとどまらず、静岡県男女共同参画人材のデータベースが構築されております。 「さくや姫プロジェクト」につきましては、公式ウェブサイトがあり、県ホームページよりご覧いただけます。 本市においても、このプロジェクトを参考に独自のプロジェクトを検討していく中で、人材バンクにおいては、前述のとおり県でも取り組んでいることから、県と連携を図りながらシステムの構築を検討するとともに、別の観点から地域づくりの一環として幅広い意見を収集し実践できる場の創出や市民参画の推進を図ることができるプロジェクトなども検討していきたいと考えております。

企画政策課地域政策担当

市政戦略課