【行政運営全般】スローガンの掲出による効果について

モニターからの意見

スローガンを懸垂幕に掲げ、一丸となるべく方向付けの必要性について 

担当課からの回答

 第四次伊東市総合計画においては、「ずっと住みたい また来たい 健康保養都市 いとう」をテーマに平成23年度から10年計画として進めているところであります。 また、市長経営方針として「元点改基(げんてんかいき)『いとう8K』健磨(けんま)共成(きょうせい)」を平成24年度テーマに掲げ、「伊東創造」の集大成を目指し、初心に戻り改めて基礎(土台)の強化を図り、健やかに8K(健康、観光、改革、経済対策、子育て支援、教育、環境、危機管理)を磨き上げ(健磨)、市民とともに市政の熟成を目指していくこととしております。 今後、「元点改基『いとう8K』健磨共成」を情報発信していくこととなりますので、懸垂幕を掲げることも情報発信の手法の一案として検討させていただき、このテーマに向かい、市民と行政が一丸となって進んでいくよう取り組んでまいります。

企画政策課地域政策担当

市政戦略課