【観光・産業】広告塔や案内板等の設置について

モニターからの意見

 伊東市は、海と山と温泉が観光資源であり、東京からの交通費も安い。しかし、伊東駅には案内などが少ないため伊東には何も無いというイメージがある。

提案1 伊東駅と駅ロータリーを広告塔にする。

  (1)伊東駅に伊東八景のポスターをわかりやすく貼る。

担当課からの回答

 伊東八景については本市を代表する観光施設であり重点的に宣伝をする必要性は十分に認識しておりますが、駅構内のポスター掲出については、JR東日本が有料で貸出しているところでありますので、JR東日本と協議を進めながら有効策について検討してまいります。

担当 観光課観光施設係

 

  (2)ロータリーを活用して温泉足湯を設置する。

担当課からの回答

 駅前ロータリーはJR東日本の敷地であり、タクシー、バスの乗降所となっており、さらには、駅まで送迎する一般車両など交通量が多い割には道幅が狭く、歩行者をロータリーに導くことは大変危険が伴います。現状ではロータリーを足湯等に活用することは温泉源の確保等の問題もあり難しいと判断しておりますが、現在計画が進められている駅前広場整備において、検討してまいりたいと考えております。

                                  担当 観光課観光施設係

 

 (3)七福神の湯があることを宣伝する。駅前の子持ちの湯を温泉の町の宣伝にする。

  (例)無料開放または 100円ぐらいで利用できる。午前中から利用できるようにする。

担当課からの回答

 七福神の湯は各行政区や財産区の所有施設であり、各区民の福利厚生施設となっています。運営についても各々の区が独自性を持って行っているため、営業時間や入浴料について変更することは慎重に検討する必要があると考えております。

                                  担当 観光課観光施設係

 

 (4)旅館・ホテル・民宿の温泉だけでなく日帰り入浴や立ち寄り湯のある施設を利用できることを宣伝する。

担当課からの回答

 上記(3)のとおり各区民の公共の施設となっていることもあり、宿泊施設の日帰り入浴に比べ低価格で入浴できる七福神の湯は観光客にとって魅力的な施設です。本市では伊東温泉GUIDEMAPへの掲載や、七福神の湯を紹介した「湯香里(ゆかり)マップ」を作成し、市内の共同浴場をご案内していますが、観光客の受入れについても更なる宣伝をしてまいりたいと考えております。

担当 観光課観光施設係

 

提案2 駅前ロータリーにわかりやすい案内板を設置する。

担当課からの回答

 駅前ロータリーには正面にイベント案内と本市が日本発の洋式帆船建造の地であることを示した看板を設置しております。ご提案の案内板は提案1(2)「ロータリーを活用して温泉足湯を設置する。」と同様に観光客をロータリー内まで移動させることは危険を伴うため、今後の駅前広場整備計画の中で検討してまいります。

                                  担当 観光課観光施設係

 

提案3 見て楽しくそしてわかりやすい案内表示板を観光都市らしく設置する。

担当課からの回答

 案内表示板については、観光客が見やすいように表示することが最優先だと考えております。さらには、本市は国立公園内にあるため、看板等の色彩や形状に関し景観を損なわないよう注意を払っているところです。これらのことを踏まえつつ、観光都市に相応しい看板等を整備してまいります。

                                  担当 観光課観光施設係

市政戦略課