• このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年度伊東市予算案の公表(平成30年2月9日)

未来を拓く新しい一歩を踏み出すための予算

 

180209yosankouhyou.jpg                 新年度予算公表


 平成30年度の本市各会計予算案を公表いたしました。
  
 市長就任以来、「協調と融和」の精神の下、全ての皆様との融和を図るため、「未来ビジョン会議」及び「地域タウンミーティング」の開催、「市長への手紙」の実施など、市民の皆様との対話を積極的に行う中で、ボトムアップによる市政運営に努めてまいりました。

 平成30年度予算の執行に当たっては、国県の動向や経済情勢を注視しつつ、効果的・効率的な執行に意を注ぎ、山積する課題に積極的に対応するとともに、全職員が「伊東市の未来を担い、拓いていく」という意識をもって、「有言実行!!みんなとともに」という思いを共有し、市民の声が届く市政運営に取り組んでまいります。

新年度予算案の概要
 平成30年度の一般会計予算は、私が市長に就任して初めての当初予算編成となる中で、次の時代に向けて「未来を拓く新しい一歩を踏み出すための予算」と位置付け、施策の3本柱である「みんながつくる伊東市」、「みんなが楽しい伊東市」、「みんなが暮らす伊東市」及び市長経営方針に基づく予算編成をした結果、予算規模は、前年度を9,000万円、0.4%下回る256億1,000万円となりました。

主な事業
 以下のような事業に予算を重点的に配分し、「対話と融和で未来を拓く第一歩」とする予算といたしました。
 
 ●地域活性化事業(シティプロモーション事業、まちなか賑わい創出事業)
 ●子育て支援(就学前1年間の保育料の無償化や医療費助成の拡充など)
 ●観光施設整備(観光地誘導看板更新事業や一碧湖木道改修事業など)
 ●JR伊東駅前観光トイレの設計業務委託
 ●伊東駅周辺地区まちづくり検討調査業務委託

3月補正での生活環境向上対策(経済対策を含む。)
 3月補正において、市民からの意見や要望にも迅速に対応し、「みんなが暮らす伊東市」の生活環境の向上を図るため、切れ目ない経済対策を考慮しつつ、予算の追加計上を考えています。

  平成30年度予算案の公表資料

市政戦略課
ページの先頭へ