• このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の公職登用状況について


 国においては、社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的
地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度とすることを目標として
います。
 その背景としては、人口減少・少子高齢化が進展することで労働力不足
が懸念されているためです。
 そこで期待されているのは女性の力です。
 労働力不足の解消のみならず、女性ならではの視点や新たな発想が取り
入れられることであらゆる組織運営においてイノベーション(革新)が期
待されています。
 しかしながら、本市における各種審議会、自治会及びPTA組織の女性登
用率及び要職への女性登用率は高いとは言えない状況にあります。
 今後、第2次伊東市男女共同参画あすを奏でるハーモニープランに定め
られた目標に基づき、女性の審議会、自治会及びPTA組織等における方針
等意思決定の場への参画を積極的に進めていきます。

市政戦略課
ページの先頭へ