• このエントリーをはてなブックマークに追加

メディア・リテラシーと男女共同参画


 メディア・リテラシーとはテレビ、新聞、ラジオ、インターネット等の特性や利用方法
理解し、情報を取捨選択して活用する能力のことです。
 今日、ITによる情報化やソーシャルメディアなどの登場により情報量は日々増え続け、
容易に情報を手に入れることができるようになりました。
 それら多くの情報に惑わされず、正しい判別ができるようメディア・リテラシーの向上
が重要なものとなっています。
 男女共同参画の視点からも、メディア・リテラシーの向上が課題となることは、未だに
ドラマ、テレビコマーシャル、新聞、雑誌等の中で、「男性は仕事、女性は家事や育児」
等といった固定的な性別役割分担を連想させる描写が発信されることがあるためです。
 メディアの中で描かれる男性像・女性像を鵜呑みにするのではなく、主体的に判断でき
るよう、メディア・リテラシーを身に付けるようにしましょう。 

市政戦略課
ページの先頭へ