生活保護

   利用し得る資産や能力、扶養義務者(3親等以内)の援助等を使っても、自力で最低限度の生活を維

持することができなくなったときは、自力で生活できるまでの間、基準に基づいて生活を維持するため

に不足分を扶助する生活保護制度があります。

 生活保護には、生活扶助をはじめとして住宅・教育・医療・介護・出産・生業・葬祭の各扶助がありま

す。

 ご相談は、社会福祉課保護係か地区の民生委員・児童委員におたずねください。

 

社会福祉課