• このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥獣害対策用の電気柵について

   平成27年7月19日に静岡県内で電気柵による感電死亡事故が発生しました。
       電気柵を設置している方及び新たに設置を検討している方は、下記事項を再確認し、感電防止に向けた
  適切な対応をお願いいたします。

  ・1.電気柵の電気を30ボルト以上の電源(コンセント用の交流100ボルト等)から供給するときは、
   電気用品安全法(昭和36年法律第234号)の適用を受ける電源装置(電気用品安全法の技術基準
   を満たす、電気柵用電源装置)を使用すること。

  ・2.上記1.の場合において、公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に施設する場合は、危険防止
   のために、15ミリアンペア以上の漏電が起こったときに0.1秒以内に電気を遮断する漏電遮断器
   を施設すること。

  ・3.電気柵を施設する場合は、周囲の人が容易に視認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示
   を行うこと。
   
  鳥獣対策用の電気さくについて(消費者庁ウェブサイト)
  鳥獣被害対策用の電気さく施設における安全確保について(農林水産省ウェブサイト)

産業課
ページの先頭へ