• このエントリーをはてなブックマークに追加

多面的機能支払交付金事業について

農地・農業用施設の現状

 農地や農業用施設などの資源は、農業のためだけでなく農村の豊かな自然環境や景観を形成する上でも大きな役割を果たしています。これらの資源は、これまで農業者により保全・管理されてきました。

 しかし、農業者の高齢化や後継者不足、また、非農業者との混在化が進行して、農地や農業用施設などの資源を適切に保全・管理していくことが難しくなってきています。

 こうした中、国民の農村環境に対する意識と評価が高まっており、農地や農業用施設などの資源の保全と併せて農村環境の質的な向上が求められています。

 また、環境問題に対する国民の関心が高まる中で、農業生産のあり方そのものについて環境保全を重視したものに転換していくことを求められています。

伊東市の取り組みについて

農地水環境対策(池地区)  池地区

 本市では、「多面的機能支払交付金」を導入し、農地や農業用施設などの資源や農村環境を守り、質を高める地域の共同活動の取り組みに対し、国、県と一体になって支援することとなりました。

 これは、農地や農業用施設などの資源の保全について、農業者だけの問題ではなく、農村の豊かな自然環境や景観を保全し、地域の住民が一体となり将来に向け魅力ある貴重な財産として残していくためのの共同活動を行なうものです。

 事業実施地区は、十足地区、池地区の2地区です。この2地区では、共同活動を実施する組織を立ち上げ、活動計画を策定し、将来に渡って地域の環境を保全しようという強い意思の結束により、農業者と地域住民による活発な活動が行なわれています。

伊東市農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する計画

産業課
ページの先頭へ