• このエントリーをはてなブックマークに追加

一般介護予防事業について


介護予防とは?

介護予防とは「要介護状態等になることを、出来る限り防ぐ(遅らせる)こと」です。
高齢になると、知らず知らずのうちに心身の機能が低下してしまいがちです。
運動を行ったり、介護予防に関する知識を習得することによって、
機能低下を防ぐ、または低下の速度をゆっくりとすることができます。
市では65歳以上の方が参加できる教室を用意していますので
皆さんも、介護予防に取組んでみましょう!



栄養と口腔の教室(全5回)

調理実習を通じ、手軽にバランスの良い食生活を身につけたり
お口の健康を保つための正しいブラッシング法や健口体操を学び
介護予防に取り組みます。

平成30年度のスケジュールは未定です
決まり次第、こちらでお知らせします



介護予防事業

高齢期を迎えても介護が必要とならないよう、運動のみならず
心身機能の低下を防ぐための生活に役立つ講座などを
1週間に1回程度、約3か月にわたって行い、介護予防に取組みます。
スケジュールはこちらです


健康体操クラブ

市内に在住の65歳以上の方ならどなたでも参加できる1時間の体操クラブです。
開催は市内各所、講師は市が育成したボランティアが務めます。
気軽にご参加ください!
スケジュールはこちらです!

居場所づくり
交流や生きがいづくりを目的とした居場所づくりを積極的に支援し、閉じこもりや孤立を未然に
防ぐとともに、日々のふれあいの積み重ねにより、地域における支え合いの輪を広げていきます。

地域の居場所はこちらです!


test

高齢者福祉課
ページの先頭へ