• このエントリーをはてなブックマークに追加

伊豆東部火山群の伊東市避難計画

 平成23年3月31日に伊豆東部火山群に対する「噴火警戒レベル」等の運用が開始されるとともに「海上や陸上に影響を及ぼす噴火が発生する可能性がある範囲」が示され、噴火の可能性が高まり噴火警報が発表された場合には、「噴火の影響が及ぶ可能性のある範囲」から避難する必要があります。
 そのため、市は、平成24年3月28日に「伊豆東部火山群防災協議会」を設立し、噴火の可能性が高まった場合の避難の考え方について協議を行い、避難の基本的な考え方を示す「伊豆東部火山群の伊東市避難計画」を策定しました。

危機対策課
ページの先頭へ