特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

 
平成20年度から、メタボリックシンドロームに着目した新しい健診・保健指導「特定健診・特定保健指導」が医療保険者(国民健康保険等)によって実施されることになりました。特定健診は、加入している医療保険者が指定する医療機関等で受診することになります。

 

メタボリックシンドロームとは

 内臓脂肪が蓄積され、高血圧・脂質異常・高血糖などの危険因子が2つ以上重複した状態です。

 本人に自覚症状はありませんが、この状態は動脈硬化を急激に悪化させ、心筋梗塞や脳卒中が発症する危険性を高めます。

    

 

Q.特定健診を受診するのは?

A.40歳から74歳までの人です。

  加入している医療保険者が実施する特定健診を受診して下さい。

Q.特定健診・特定保健指導はどのように進められるの?

A.下図のように進められます。

 

tokutei3 

Q.人間ドックや職場健診を受けた人も特定健診を受けなければいけないの?

A.特定健診と同じ検査内容が入っていれば、特定健診を受ける必要はありません。

職場で生活習慣病予防の検診を(労働安全衛生法に基づく検診)を受けている場合は、その検診が優先されます。

 伊東市国民健康保険に加入している人で、このような理由で受診しない場合は、健康推進課<担当 52‐3051(直通)>までご連絡ください。

 ご連絡いただいた際に、健診の結果(コピー)をご提供いただきたい旨のお願いをします。これは、伊東市国民健康保険では、平成29年度までに加入者の60%が特定健診を受診することを目標としていることから、お願いするものです。このこと以外の目的で使用することはありません。また、健診の結果(コピー)をご提供いただけると、ご提供者の必要に応じたサービスを紹介することができます。

 ぜひ、ご協力をお願い申し上げます。

 ※ 検査内容は、受診券通知に同封のチラシの検査項目をご覧ください。

 

●伊東市国民健康保険に加入している人へ

 受診券を送付しますので、市内の指定医療機関等で受診してください。(申込みは不要

 日程は、下記のとおりです。

年  齢

受診券送付時期

健診期間

40歳〜74歳

6月上旬

6〜9月

 ※ 年度途中に75歳になられる人や、年度途中で伊東市国民健康保険に加入した人は、健康推進課<担当 52-3051(直通)>へお問い合わせください。

 

●後期高齢者医療制度に加入されている人へ

 75歳以上の人や、65歳以上75歳未満で障害認定申請により後期高齢者医療制度に加入している人は、静岡県後期高齢者医療広域連合が医療保険者ですが、伊東市が委託を受け健診を実施します。6月上旬に市健康推進課から受診券を送付しますので、6〜9月の健診期間中に指定の医療機関で受診してください。(申込みは不要


特定健診以外の健康診査はこちらから

健康推進課 健康増進係 特定健診担当