• このエントリーをはてなブックマークに追加

こどもの予防接種について

公費負担の予防接種

 子どもたちを感染症から守るために予防接種を受けましょう。予防接種を受けることにより、その病気にかからなくなったり、
かかっても症状が軽くすむようになります。

予防接種の種類 接種の説明 公費で接種できる
年齢
ヒブワクチン 標準として生後2か月〜7か月未満までに接種開始
※詳しくはこちらをクリックしフローチャートを参照
生後2か月〜
5歳に至るまで
小児用肺炎球菌ワクチン
BCG 標準として生後5か月から8か月未満までに1回 1歳に至るまで
B型肝炎 標準として生後2か月から9か月未満までに3回 1歳に至るまで
四種混合 生後3か月から7歳6か月未満までに4回 生後3か月〜
7歳半に至るまで
三種混合/ポリオ ※詳詳しくはこちらをクリック  
麻しん風しん混合1期 1歳から2歳未満までに1回 1歳〜2歳に至るまで
麻しん風しん混合2期 5歳以上7歳未満で小学校就学日(4月1日)の1年前から
就学前日(3月31日)までに1回
小学校就学前1年間
水痘 生後12か月から生後15か月未満までに1回
1回目接種後6か月から12か月後に1回
1歳〜3歳に至るまで
日本脳炎1期 生後6か月から7歳6か月未満までに3回 生後6か月〜
7歳半に至るまで
日本脳炎2期 9歳から13歳未満までに1回 9歳以上13歳未満
日本脳炎(特例対象者) ※詳しくはこちらをクリック  
二種混合 11歳から13歳未満までに1回 11歳以上13歳未満
子宮頸がん予防ワクチン  ※詳しくはこちらをクリック 小学6年生〜
高校1年生

※予防接種を受ける場合、保護者の方が病院に予約をしてから接種を受けてください。(市に連絡をする必要はありません)
※予防接種該当児には通知を差し上げます。


詳しい接種スケジュール一覧についてはこちら


有料でできる予防接種

詳しくは医療機関にお問い合わせください。

 ○おたふく風邪(流行性耳下腺炎)
 ○インフルエンザ


予防接種を受けるときの注意事項

1)接種の前日には入浴し、身体を清潔にしておきましょう。
2)接種当日は、保護者が予診票に健康状態を記入し、母子手帳と一緒に病院へお持ちください。
3)お子さんの様子が普段と違うときや、体調が思わしくないときには、医師に相談し承諾を得てください。
4)脱がせやすい服装をさせてください。
5)接種を受けた箇所は軽く揉んでください。ただし、BCGは揉まないでください。
6)接種後は激しい運動を控えてください。
7)高熱、吐き気、けいれん、その他特に異常な症状が現れたときは、速やかに医師の診察を受けてください。


問い合わせ先:健康推進課 健康増進係
       0557−32−1584

伊東市の予防接種スケジュール

健康推進課
ページの先頭へ