給与支払報告書について

 毎年1月1日現在において給与の支払いをする者(事業主)は、その年の1月31日(土・日・祝日の場合はその翌日)までに従業員(パート・アルバイトを含みます)についての「給与支払報告書」を提出することになっています。

 1月1日現在で伊東市内にお住まいの従業員分については伊東市に(伊東市外にお住まいの従業員分は住所のある市区町村へ)提出してください。

 なお、前年中に退職された方についても提出することになっていますので、ご協力をお願いします。

 

 給与支払報告書の書き方及び提出方法


 給与支払報告書の提出の際は、下記の順番に並べて提出してください。

 

  (1) 総括表(表紙)

  (2) 個人別明細書(特別徴収)

  (3) 普通徴収への切替理由書

  (4) 個人別明細書(普通徴収)

 

※個人別明細書については、1人につき2枚添付してください。

※(3)、(4)については、該当者がいる場合のみ 

 

詳しい提出方法についてはこちら(申請書ダウンロードページへジャンプします。)

 

 

 給与支払報告書の(総括表)について


 前年、伊東市へ給与支払報告書(個人別明細書)を提出していただいた給与支払者の方には、当市作成の総括表(1部)を送付しています。それ以外に総括表を必要とする場合には、給与支払報告書(総括表)をダウンロードできるようになっておりますのでご利用ください。

 

 

 ☆普通徴収の給与支払報告書には切替理由書の添付が必要となります


 次のa〜fの理由に該当する場合には、給与支払報告書とともに「普通徴収への切替理由書を添付することによって普通徴収とすることができます。なお、切替理由書は、給与支払報告書の摘要欄に切替理由の略号を記入すれば、任意の様式(切替理由の略号、対象者数、普通徴収合計人数を記載していること)でも構いません。

 

「特別徴収指定通知書」「税額決定通知書」が送付された後、a〜fの理由に該当するようになった場合は、異動届の提出によって普通徴収とすることができます。

 

  a. 総受給者が2名以下(総受給者とは、事業所全体の受給者をさします)

  b. 他の事業所で特別徴収

  c. 給与から税額が引ききれない

  d. 給与の支払が不定期

  e. 事業専従者

  f. 退職者又は退職予定者

 

切替理由書が必要な方はこちら(申請書ダウンロードページへジャンプします。)

 

 

 ☆その他の記載方法・留意点について


 

ページトップへ