• このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車騒音の状況について

 自動車騒音の常時監視業務については、騒音規制法第18条に基づき都道府県等が実施してきましたが、平成24年度からは権限移譲により、市の区域にあっては市が実施することとなりました。

 平成24年度以降、本市が実施した面的評価結果は以下のとおりです。

 面的評価・・・一定の区間ごとに道路の沿道(50m以内)に建っている全ての住居等の騒音レベルを推計し、環境基準値を超える戸数及び割合により評価するものです。


  ・平成28年度 自動車騒音の常時監視結果(面的評価) 
  ・平成27年度 自動車騒音の常時監視結果(面的評価) 
  ・平成26年度 自動車騒音の常時監視結果(面的評価)
  ・平成25年度 自動車騒音の常時監視結果(面的評価)
  ・平成24年度 自動車騒音の常時監視結果(面的評価) 

環境課
ページの先頭へ