• このエントリーをはてなブックマークに追加

スプレー缶・カセットコンロのガス缶の捨て方について

タイトル
心得1
 内容物の残っているスプレー缶などは、回収作業時や処理中に引火し、火災や爆発を起こす可能性があり大変危険です。

  参考:一般社団法人日本エアゾール協会HP
心得2
 安全のため、ガス抜きにご協力をお願いします。一部の商品は、ガス抜き用キャップになっています。

ガスの抜き方は商品によって異なりますので、商品パッケージをご確認いただくか、下記HPをご参照ください。
 参考:一般社団法人日本エアゾール協会HP

  屋内では、
換気をしていても不十分な場合があります。換気扇ではガスを外に排出しきれません。
 また、換気扇のある台所は火気があるため大変危険です!作業は周囲に火の気がないことを確認して行ってください。

 

心得3
  中身のなくなった、スプレー缶・ガスカートリッジは穴をあけず

    ごみカレンダーの「あきカン類」の日に出してください。



質問
 その場合、御石ヶ沢清掃工場へ自己搬入してください。その際に、職員に中身が残っていることを伝えてください。自己搬入ができない場合は、必ず市役所環境課(32-1371または清掃車庫(37-2865ご連絡ください。



 

環境課
ページの先頭へ