下水道受益者負担金(分担金)の徴収猶予制度や減免制度

 

 土地の利用状況や受益者の状況に応じて、受益者負担金の減免や、一定期間徴収を猶予する制度の適用を受けることができます。

 例えば、災害、盗難等による被害を受け、その被害程度が条例で決められた範囲内と認められる場合は、支払いを遅らせること(徴収猶予)ができます。
 また、土地の使用状況(境内地、墓地等)によっては、条例で決められた割合で減免される場合があります。

 

 
 【徴収猶予となる場合】

 ○災害による家屋の被害を受けた場合
 ○係争地の場合
 ○土地が農地の場合
 ○盗難にあった場合
 ○受益者またはその生計を共にする親族が病気・事故などの
 負傷により長期の療養を必要とする場合
                               など


      


 【減免となる場合】

 ○生活扶助者
 ○鉄道・踏切
 ○墓地・境内地等
 ○学校
 ○集会所
                                など

 



詳しくは、下記へお問い合わせください。

●  伊東市下水道課経理係 0557-32-1821

下水道キャラクター8

下水道課