社会資本総合整備計画

 地方公共団体が国土交通省所管の社会資本整備総合交付金により事業を実施する場合、地方公共団体は、3〜5年の期間で
実現しようとする目標や目標達成のための事業等を記載した社会資本総合整備計画を作成する必要があります。

 現在、伊東市が作成した下水道事業に関する社会資本総合整備計画は次のとおりです。
 (平成30年1月31日付変更を反映しました。)

  計画書 生活環境や公共用水域の水環境向上の推進 計画図 事前評価シート
  

  計画書 水の防災・安全対策整備事業(防災・安全) 計画図 事前評価シート
  

  計画書 快適な水環境実現のための重点計画 計画図 事前評価シート




 また、平成22年から平成26年まで実施した社会資本総合整備計画及び事後評価書は次のとおりです。

  計画書 生活環境や公共用水域の水環境向上の推進 計画図 事前評価シート

  事後評価書 生活環境や公共用水域の水環境向上の推進 計画図

  計画書 水の防災・安全対策整備事業(防災・安全) 計画図 事前評価シート

  事後評価書 水の防災・安全対策整備事業(防災・安全) 計画図


 ※各整備計画名称をクリックしていただくと詳細がご覧になれます。


伊東市汚水処理施設整備計画(アクションプラン)

 伊東市では、公共下水道未整備地区における下水道整備計画(今後10年間の整備計画)として、「伊東市汚水処理施設整備計画(アクションプラン)」を策定しました。

 ※下記をクリックしていただくと詳細がご覧になれます。

  伊東市汚水処理施設整備計画(アクションプラン)



下水道課